Matlab/Simulink 制御技術セミナー(基礎編)

今までの制御技術経験をもとに、自動車制御プログラム開発の根幹となっているソフトウェアMATLAB/Simulink の利用できる人員を育成する制御技術セミナー(基礎編)を開催します。

このセミナーでは、自動車業界で推奨しているMBD(モデルベース開発)を中心に、家電業界などでも利用できる状態遷移表、フローチャートを作成できるStateflow の授業を行います。

対象の方:

・自動車業界の制御開発を目指している方

・制御開発を目指している方

・自動車業界内定者及びこれから制御設計業務を行う方

Simulink 及びStateflow を利用しようと考えている方

セミナー内容:

Stateflow 5回(3月2日、9日、16日、23日、3月30日) 18:4520:45

  会場: 地下鉄谷町四丁目付近会議室(大阪市)  

  受講費用: ¥25,000円(全5回分)

Simulink 5回(4月6日、13日、20日、27日、5月11日)  18:4520:45

  会場: 地下鉄谷町四丁目付近会議室(大阪市)  

  受講費用: ¥25,000円(全5回分)

達成目標:

状態遷移図とフローチャートから制御モデル作成

・作成したソフトウェアのモデルは実行可能な仕様書になることの理解

1.モデルベース開発

  ・モデルベース開発についての実例を踏まえた説明

  ・制御モデル

  ・プラントモデル

  ・効果(品質、費用、時間)

  ・技術者に求められるもの

2.MATLAB/Simulinkについて

              MATLAB/Simulinkの概要

              MATLAB実習

              Simulink実習

              MATLABSimulinkの関係

3.Stateflowを使ったシステム開発

  ・SimulinkStateflowの内容、違い

  ・システム開発とStateflow

  ・フローチャート

  ・状態遷移図

  ・ブロックの実行

4.実習1:フローチャートの作成

  ・フローチャートの表現

  ・Stateflowの機能とプログラミング

  ・デモ学習

5.実習2:空調システムのモデル開発

  ・制御の方針の立て方

  ・制御モデル

  ・プラントモデル

  ・モデル作成、実行

※ご希望いただいた講座のお申込み人数が5名未満の場合、開講することができない可能性があります。あらかじめご了承ください。

開講中止の場合、別日程への振替もしくは、ご納入いただいた学費を全額返金いたします。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください